「感謝還元祭」2日目レポート!!〜愛夢GLTOKYO編〜

Pocket

7月1日(月)と7月2日(火)の2日間に渡り、渋谷DESEOを舞台に「感謝還元祭 Day.1/Day.2」と題したイベントが行われた。7月2日(火)のイベントへ出演したのは、CANDY GO!GO!/COLOR’z/愛夢GLTOKYO/Bury/XTEEN/Aphrodite/愛沢絢夏(OA)というラインナップ。その日の中から、愛夢GLTOKYOのライブの模様を、ここにレポートします。

 愛夢GLTOKYOのライブは、荘厳かつ雅な音色を解き放つ『Cheer up!』から幕を開けた。身体を刺激する力強い四つ打ちのビートに乗せ、彼女たちは未来へ向かって踏み込む情熱を歌声にぶつけてきた。躍動する演奏の上で4人は、魂を込めた歌声を一つに想いを重ね合わせていた。「何度でも立ち上がれ」と彼女たちは歌いかける。その言葉は自分たちへ向けた声であり、この地へ集った人たちへのエールとして響いていた。

華やかな音色を振りまきながら、『俺が生まれてきた理由それはお前に出会うため』が飛び出した。可憐さも重ねながら、ここでも彼女たちは明日へ突き進む勇気を注いでくれた。カラフルでキャッチーな楽曲の上で、彼女たちは親しみを持って歌を届けてゆく。胸をキュンとくすぐるキャッチーな歌に、熱く気持ちを突き動かされる。「夢が叶わないことより夢を持てなくなることが虚しいね」。ホント、そうだと思う。その気持ちを感じれたことが嬉しいじゃない。
披露したのが、カバー曲『残酷な天使のテーゼ』。原曲以上に荘厳さを増しつつ、同時にオートチューンを用いて、より近未来感をアップ。きっと今の時代にあの楽曲が生まれていたら、こんな解釈になっていたのでは??。そんな想像も膨らませながら楽しめたところもポイントだ。誰もが知っている楽曲という理由もあるのか、何時しか観客たちも前へ押し寄せ、一緒に手拍子をしながら声を張り上げていた。何より、胸をくすぐるキャッチーな歌に触発され、みんな楽しそうに踊り騒いでいた。
激しい演奏へ心をときめかすチープスリルな音色をミックス。愛夢GLTOKYOが得意とするチップチューン『流星のワルキューレ』の登場だ。「走れ走れその汗は宝物だから」と歌う声に熱く胸が高ぶり続ける。とてもポップでつかみを持った楽曲なのはもちろん、熱く背中を押すエナジーを魂に注ぎ込んでゆく。青春の汗にも似た情熱を胸に、このまま進撃だ。その熱い青春ナンバーに触発され、何時しか気持ちが最強に騒ぎ続けていた。

最後は、美しく華やかに、ドラマチックに気持ちを解き放つように『愛夢GLTOKYO』を熱唱。とても壮麗で麗しい楽曲を通し、彼女たちはフロア中を熱く染めあげた。華やかで開放的なのに、その中には凛々しさと滾るパワーが漲っている。その音に触発され、魂が嬉しく沸き上がっていた。このまま一緒に羽ばたきたい。共に、夢を、未来を見てみたい。そんな熱い気持ちに『愛夢GLTOKYO』が導いてゆく。咲き誇れ、大輪の花。その姿を、ぜひ一緒に見ようじゃないか。

愛夢GLTOKYO Web
http://gltokyo.jp/
愛夢GLTOKYO twitter
https://twitter.com/gltokyo

8月18日 BSフジ「ギルドフレンズ」(MCは飯田里穂:ラブライブμ’sメンバー)台湾でのULTRAライブに愛夢GLTOKYOゲスト出演
8月27日 アイドルストリーマーズin赤坂BLITZ出演
NEOアリカーベル生誕祭 9月29日渋谷studio freedomにて開催
10月23日愛夢GLTOKYOレコ発イベント 渋谷チェルシーホテルにて開催