『ルイスと不思議の時計』佐藤二朗 VS 宮沢りえ 過激バトル勃発?! ポンコツ魔法使いと一流魔女の口喧嘩シーン解禁

Pocket

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化するマジックファンタジー『ルイスと不思議の時計』が、10月12日(金)に日本公開いたします。

ポンコツ魔法使いのジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。
魔女のツィマーマンはアカデミー賞に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じます。
監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。また、日本語吹替え版では、ジャック・ブラックの声を佐藤二朗、ケイト・ブランシェットの声を宮沢りえが務めるほか、主人公ルイスの声を高山みなみ、そのほか松本梨香、矢島晶子、本名陽子など豪華声優陣が集結していることでも注目を集めています。

この度、佐藤二朗さん演じるポンコツ魔法使いと、宮沢りえさん演じる一流魔女が過激な(!?)トークバトルを繰り広げる口喧嘩シーンを解禁させていただきます!

引っ越してきた叔父のジョナサンの屋敷でルイスが出会ったのは、突然時計の中から姿を現した魔女のツィマーマン。
驚くルイスにジョナサンは「お隣の鬼ババア、フローレンス・ツィマーマン夫人だ」と悪口を交えて紹介。
するとツィマーマンも「よかったわね、規格外にでっかい頭を受け継いでいなくて」と痛烈に応戦!
その後も次々と飛び出す過激な(!?)悪口でトークバトルを繰り広げる二人の姿に思わず笑ってしまう、コミカルな口喧嘩シーンに仕上がっています!

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

ケイト・ブランシェットは「ジョナサンとフローレンスのふたりは魔法への愛で長くつながっているのよ。
でもお互いに尊敬もしているの。しょっちゅう言い争いをして、まるで『バージニア・ウルフなんかこわくない』(66)のジョージとマーサみたいよ。激しくケンカもするけれどふたりの間には素晴らしい愛があるのよ」と説明するように、
特別な関係性で繋がっているジョナサンとツィマーマン。そんな二人をその確かな演技力で見事に演じている佐藤さんと宮沢さん。

先日行われた本作の完成会見では、佐藤さんへジャック・ブラックからのメッセージ映像が届けられ、ブラックからの「滑舌良く、ポンコツ感よろしくな!」というお願いに「まかせろ!滑舌の良いポンコツは俺の十八番だ!」と声高らかに応えた佐藤さんですが、今回の映像をみればそれが納得!
また、「役者と声優さんは声を発する際の筋肉が違う」と声優の仕事への苦悩を語るものの、
佐藤さんやベテラン声優陣からはその演技力を絶賛された宮沢さんに関しても、その絶賛の理由がわかるはず!

『ルイスと不思議の時計』ジョナサンとツィマーマンの口喧嘩 本編映像(吹替版)

■出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン 他
■監督:イーライ・ロス  
■提供:アンブリン・エンターテインメント  
■原作:ジョン・ベレアーズ「ルイスと不思議の時計」(静山社)
■原題:The House with a Clock in Its Walls  
■全米公開:9月21日 

■日本公開日:10月12日(金)全国ロードショー
■配給:東宝東和 

■コピーライト:(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

■公式HP:lewis-movie.jp
■公式Twitter:#ルイスと不思議の時計
■公式Facebook:lewis.movie.jp