GENERATIONSニューシングル「少年」リリックビデオ公開! カップリング曲も決定

Pocket

10/31(水)に17枚目のシングルを発売する7人組ダンス&ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBE。その新曲「少年」のリリックビデオが、10/11(木)AM6:00、YouTubeにて公開された。

今回のリリックビデオは主にミュージックビデオのロケ地の映像を使い、歌詞をシンプルにのせることで、過去の自分に向けた、夢に挑戦する気持ちをそっと押してくれる、本編同様の世界観を感じられる映像になっている。

また、カップリング曲のタイトルが「回転」であることも同時に公開された。
カップリング曲「回転」は映画監督の石井裕也氏が作詞を手がけており映画監督ならでは世界観が表現された恋愛ソングとなっている。

表題曲「少年」、カップリング曲「回転」ともにバラードで本シングルは両バラードシングルとなっており、発売が楽しみである。

■GENERATIONS from EXILE TRIBEオフィシャルページ
generations-ldh.jp/

■商品概要
2018年10月31日(水)発売 シングル
GENERATIONS from EXILE TRIBE「少年」

【CD+DVD】RZCD-86682/B ¥1,852(本体価格)+税

【CD ONLY】RZCD-86683 ¥1,111(本体価格)+税

■収録内容
【CD収録内容】※2形態共通
1.少年
2.回転
3.少年 (Instrumental)
4.回転 (Instrumental)
[Special Bonus Track]
 少年 (English Version)

【DVD収録内容】※CD+DVDのみ
 少年 (Music Video)
■石井裕也氏紹介
1983年生まれ。大阪芸術大学の卒業制作『剥き出しにっぽん』(‘05)がぴあフィルムフェスティバルでグランプリを受賞。『川の底からこんにちは』(‘09)で商業映画デビューし、ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。『舟を編む』(‘13)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞を受賞。その後、『ぼくたちの家族』(‘14)、バンクーバー国際映画祭で観客賞を受賞した『バンクーバーの朝日』(‘14)、キネマ旬報ベスト・テン第1位やアジア・フィルム・アワードで最優秀監督賞を受賞した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(‘17)を監督。また、TBSの連続ドラマ『おかしの家』(‘15)の監督、舞台公演『宇宙船ドリーム号』(‘17)の演出など、活動は多岐に渡る。